逆光の女




私の配偶者の最期を看取るのは
私ではなくカメラでしょう

もしも彼が世を儚んで心中するのなら
その相手は私ではなくカメラでしょう

私には決して向けられなかったまなざしで
愛撫された日々の風景の滋味に
何も知らないひとびとは涙さえ流すでしょう

間違いなくそうなるでしょう





この記事へのコメント