double gauze




わたしがあなたに
何を話し
何を隠し
時には語り過ぎたり
ささやかな嘘をついても
もう
あなたには関係ない
そうなのでしょう

夫婦とは一体なんですか
あなたにとっては枷なんですか
うすうす気づいていましたが
やはりそういうことですか

あなたがわたしに
笑顔を向ける時は
決まって
その理由に私がいない時
背筋に走る気持ち悪さに
後ずさりすることしかできない
引き攣った顔でわらってあげる

おれには関係ない
そう思われているのなら
もう
全てを沈黙のガーゼに包んで
文字通り
あなたの知らぬわたしになって
知らぬ顔を決め込むわたしです




この記事へのコメント